幼児から中学校3年生まで降格することなく一貫した段級によるシステム。
  毛筆部では楷書体から始まり、中学生では行書体を学習。
  硬筆部では鉛筆書きから始まり、中学生ではペン字を学習。
  いずれも書風は教科書に準拠した書体です。
  さらにかな部と、創作意欲が湧く自由部を設定。

  ■書の研究 学生版のおすすめポイント
  1)硬筆も重視した総合誌。
  2)手本の書体は教科書に準拠し、手本解説も詳しい 。
  3)お習字を楽しく学ぶページ、自由部がある競書誌。
  4)「大人、学生」が混成した競書誌が大半の中にあって今なお「学生版」
    「大人版」を設けている。

  ■書の研究学生版お手本の紹介

 


 

公式Facebookページ