[概要]
昭和45年、第1回展を85点の公募でスタート。「全道書道展」の名称で回を重ねるごとに出品点数を増やし、第7回展には大幅な
規模拡大を図り、札幌市民会館特設会場にて開催。更に作品増加に伴い、第14回展からは札幌市民ギャラリー全館を使用。
第20回展からは文部科学大臣奨励賞の授与が決定され、最高峰作品に授与されてきました。第38回展からは文部科学大臣賞が
授与されています。
更に、第39回展からは中華人民共和国駐日本国大使館賞、青沼秀鳳記念賞が授与されるなど、出品作品のレベル・出品点数ともに
日本を代表する書道展の一つとして発展してきました。第41回展より「国際現代書道展」と改称し、現在では応募総数2,000点余に
達しております。さらに第45回展からは外務大臣賞が授与され、より国際色が強くなりました。
書道芸術を世界へ発信する国際展として、第41回展より新たに始まった国際部門は第46回展は123点、12の国と地域より出品が
ありました。
[沿革]